読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長野マラソン2016

スタートロスは4分くらい.
風邪,左足首,右足のマメといろいろ不安要素あり過ぎだが,やるからにはサブ4目指さないと意味がない.
というわけで,5:40以下で走ろうとするが,なかなかの渋滞で進めず.
3kmくらいで暑くてレインコートを脱いだが,タイミング的に捨てられる場所がなく,しばらく持って走った.

暑いので給水はなるべく取った.
天気は曇りで,風はひどいが案外いい日なんじゃないか?とこのときは思った.
そのうち目標を上回るペースで走れるようになった.
上げすぎは厳禁だが,30km過ぎにスパート!とか全くできる気がしないので,キロ5:25くらいは大歓迎.

基本平坦なはずだが,細かいアップダウンが結構ある印象.
エムウェーブの周りとかきつかった.
そして風はとにかく超強風!
帽子も飛びそうだし,ガシガシ足が削られる.

エムウェーブ折り返した後くらいについに雨が降ってくる.
小雨なら歓迎だぜとか余裕かましてたらどんどん雨脚強まる.
風のせいで顔に雨があたると痛いレベル.
五輪大橋の上とかあまりに過酷だった.

20km過ぎて余裕がなくなってくる.
次の折り返しゾーンでハブさん発見.
多分サブ3.5狙い?
さすがに速かった.

もう靴の中はジャブジャブ.
あとたった2時間耐えるだけだと言い聞かせるが,徐々にタイムが落ちてくる.
腹減ったので給食のバナナも食べたが,雨水にどっぷり浸かっている.
仕方ないとはいえ,ちょっと気持ち悪い.

ずっと並走してきた女性がいて,ランナーズアップデート見ると仲良く同タイムで20kmを通過していたが,25kmあたりから微妙に離される.
悔しいがついていけない.

トンネルに入ると一瞬雨が当たらないので,至福タイム.
もうここで止まっていたい.
しかしこんな状況でも応援してくれる人がいて,本当にありがたい.

このコンディションだし,サブ4できなくても仕方ないよ,という悪魔の囁きで,どこかの給水で歩いてしまう.
いやいや諦めんぞ!とか繰り返してるうちに雨が弱まり,いきなりピーカンになる.
ありがたいが気温も急上昇.
確か33kmぐらいだったと思う.

もはやどこだったか分からないが,バンド演奏の近くで高橋尚子さん登場!
元気でる.

が,ついに右足ハムが攣る.
またやってしまった.
動けない…
その後左も攣り,結局両足余すところなく全部攣った.
こうなるともうサブ4も何もない.
サブ4は無理でも4時間ちょいで,という思いも音をたてて崩れ去る.
つらすぎてとにかく早く終わって欲しいという思いだけで先へ進む.

リタイアだけは皆に合わせる顔がないので本気で考えはしなかったが,今すぐ大会が中止になればいいのにと思いながらキロ7とかで走る.
エイドは歩き,コールドスプレーなんかもかける.

強風で体が飛ばされないようにわずかでも踏ん張ると攣りそうになる.
半分気を失って進んでたら土手が終わった.

もう時計も確認していなかったが,よく見ると4時間15分は切れそうなことに気づく.
つまり自己ベストは更新できる.
であれば,と少しやる気がでて,残り時間と足攣りに注意しながらそれなりに走る.
最後はまたすごい応援で,ありがたい.

早く終われと念じながらゾンビのように走り,ようやくスタジアムへ.
ここだけは気持ちよく走れた.
4時間12分と,なんとか自己ベストは更新してゴール.
西谷さんと尾崎さんがいたので握手.

4時間半ペースメーカーの真鍋さんを一目みようと13時までゴールを観戦していたが,来なかったか見逃したので会場を後に.
荷物受け取って外で着替え,荷物を整理しようとしたが,強風で何も出来やしなくてイライラ.
さっさとバスに乗り,14:15に長野駅に着く.
バスは30分ぐらいだった.
MIDORIで荷物を整理し,丸山珈琲で一服.
コーヒー断ちしていたのもあって,至福のとき.
チーズケーキも食べる.


トイレ行ったりちょっとブラブラして,といっても足が超痛くてほとんど立ってられないが,なんかちゅるっとうどん食いたいな,と思いはなまるうどん

お土産買って新幹線改札へ行くと,妙に賑わっている.
なんと強風でついさっきまで止まっていたらしい.
ダイヤとかも乱れまくりで,とりあえずそこに止まっていたはくたかの自由席を見ると空きがあったので座る.
もともとあさまの予定だったので逆にラッキー.

東京もすごい風.
いろんな電車が止まったり,建物が吹っ飛んだりして,「マラソンで風が強かった」レベルではない強風の日だったようだ.

18:30過ぎに家に着く.
例によって皿洗ったり普通の家事が超つらいが,仕方ない.
ようやく長い1日が終わった.