読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館山若潮マラソン2017

さてスタート.
最初1kmは6分ちょい.
そのうちもう少し速く走れるようになってきて,170cmの方とはお別れ.
ゴミを捨てれずずっと持って走ってたら後ろから来た女性に「荷物多いですねっ」って笑われた…
5kmくらいで捨てることができた.

給水したいが給水所がなかなかない.
暑かったせいか,給水所が他のマラソン大会より少なく感じた.
結局全給水所で補給,アクエリアス2杯飲んだ箇所も多かった.
水は頭からぶっかける.

キロ5:40ペースで時計とにらめっこして走ってたら,なんだかつらくなってきてしまった.
今日はサブ4狙えるわけないじゃないかと考えたら,気が楽になった.
不思議なもので,そう考えると暑いじゃなくて素晴らしく良い天気と思える.
この天気で海の見える景色の中,皆で走れて最高じゃないか!と思い始めてきた.
やはりポジティブに考えることは大事だ.

途中金さんに追いついて握手してもらう.
このとき確か4時間で走ると言ってたと思うが,聞き間違いだったか結局金さんは4時間半くらいだった.

徐々にGPSとコース上の距離表示がずれ始めた.
やっぱり300mから500mくらい余裕持って走らないとダメだな,と再確認.

応援は暖かいが,正直数は多くない.
富山マラソンとかと比べると誰もいないところを走る時間がとても長い.
でも応援してくださる方は大変ありがたい.
有名な,兜をかぶったおばあさんも見ることができた.

あと私設エイドは多かった.
自分も麦茶とかたくさん頂いて,まじで助かった.

で,なんだかんだキロ5:40から5:30くらいのペースを刻んでハーフ通過.
2時間ちょい切りで想定ペースより少し遅いが,GPS誤差を考えるとほぼ想定ペース,だったと思う.
この辺りまでは「やばいサブ4できちゃう!?どうしよう,大会出られないとか言ってきた人たちには,胃腸薬にはドーピング効果があるよ(笑)って言うしかないか!?」とか本気で考えていた.

しかしアップダウンはやはりきつい.
結構足を使ってしまったようで,キロ5:30を維持できない.
25kmくらいでキロ5:50くらいまで落ち,本格的にサブ4を諦め始める.
ここまで走れるとは思ってなかったのでよく走れたと思う反面,また諦めちゃったかと残念にも思った.
サブ4遠い.

30km超えて激坂の前にエイド,アクエリ飲みながら少し歩いて登る.
別に100パーファンランに徹して,最低限バスに間に合うようにゆっくりでもいいんだが,やはり出来る限り全力で走ってしまう.

エイドのクリームパンは確かにうまい.
でも気持ち悪くて全部で2個しか食べられなかった.
あと食べたのはバナナ半分だけか.

気持ち悪いのはもともとの体調不良でなく暑さのせいだと思いたい.
「マラソンはメンタル,マラソンはメンタル…」と唱えながら走る.

そして今回ももちろんやってきた足攣り兆候.
特に上り坂でやばい.
25kmと35kmくらいで2RUNを飲んだ気がする.
結論から言うと今回は足は攣り切らなかった.
遅く走ったからと言っては元も子もないが,やばくなったらいい感じにペースを落とせたのと,2RUNが効いたんじゃないかと思う.

もうずっときついんだけど,35kmくらいから死にそうにきつい.
寛平さんが「進めばいつか必ず終わる」とランスマで言ってたのを思い出す.
いつもそうだけどこうなってくると記録うんぬんより早く終わって欲しくて頑張って走る.

上り坂は大袈裟にハァハァ言わないと登れなくなってきた.
ミニーちゃん(男性)を上り坂で抜かし,下り坂で抜かされるということを繰り返す.

そういえば対向車線は車が走っているが,右折待ちで延々渋滞していることが多い.
なんか申し訳なくなるが,こちらも余裕がない.

39kmくらいが一番つらかった.
この辺になると応援も増えてきて助かった.
途中からこのまま行けば4時間10分は切れそうだな,と計算し,それと足を攣らないことを目標に掲げて走った.
我ながら絶妙な目標を立てたもので,攣ったら全部終わり,ペース落としすぎてもダメでとにかく苦しかった.
ゴール付近のヤマダが見えてきても遠い遠い.

朝スタート会場まで歩いたところまできてようやくほっとした.
最後の30mくらいは不整地.
ドテドテ走る.
本当に疲れ果ててなんとかゴール.
4時間7分くらい.

終わって芝生に倒れこんだ.
このときだけは最高の達成感.
でも起き上がろうとすると足が攣る.
1人ぐるぐる回りながらなんとか起き上がった.

続く.