夢の島リレーマラソン

新木場に早く着きすぎてしまったが,同僚と合流.
誰1人遅れなかった.

結構競技場から人が流れてくる.
6時間の部の人達というのは後から知った.

競技場へ着くとレースが行われている.
24時間の人達.
あまり分かってなかったがチームと個人で参加しているようだ.
個人24時間は早くも過酷な感じ.

雨予報はなくなっていたが,スタンドの屋根のあるところを確保.
思ったより全然ガラガラだった.
受付などして,22時のスタートまでまだまだあるなぁ…とコンビニへ買い出しなど.
夜中にもコンビニ行くかもな,と思ってあまり買わなかったが,夜中に買い出し行く心身のゆとりはあまりないのでもっと買っておけばよかった.

大会側でも色々用意してくれているかと思っていたが,夜中は給水やバナナなど取れるのは走行中だけ.
夜と朝にフードサービスがあるが,夜はパックのお粥(と塩).
朝は小さいうどん,とかなりイマイチだった.

夜になると音楽とかMCとかなくなって,淡々と走るのみになる.
12時間の部というのはそういった意味でちょうど大会がひっそりしているときに行われる,ということを知った.
まぁ振り返ってみると非日常的で悪くなかった.
12時間の部のチームは18チームだけだが,個人参加の人は結構多かった.

出走順は若い人順,という適当な決めで,とりあえず4周(約5km)ずつ走ることに.
よくよく考えると自分のスタートは0時くらい.
先は長いなぁ…と思っていたけど待っててつらいということは全体通してまったくなかった.
適当にしゃべりながら走ってる人を見るだけでも飽きないし,漫画持ってきてくれてるヤツもいた.

さて5kmなら前に失敗したキロ4:30以下を達成したい.
そう思うと緊張してきて,30分くらい前からアップを始める.
ジョグと短めの流しを何本か.
前走者の位置をある程度把握しておかないと襷が引き継げないのでそれも怠らず.

いよいよ自分の順.
少し抑え目に入ろうと思っていたが,襷を受け取ると興奮していたようで,ものすごいダッシュをしてしまった.
時計をちらっと見たがキロ3分くらいだったと思う.
3分台じゃなくて,3分.
箱根駅伝かと.
トラックだったせいもあるがびっくりするスピードが出てしまい,スタンドにいる同僚からは「速すぎる!」と爆笑が聞こえてきた.

コースは一旦外へ出てぐるっと回ってまたトラックへ戻る.
明らかに速いペースで外へ出て,どうすんだコレと青ざめる.
既に息があがっている.
何とか整えようとペースを落とす.
が,こういうときにペースをうまく落として息を整えるってすごく難しい.

結局1km目はキロ4:01.
1kmの自己ベストに近い.
案の定地獄.
気持ち悪くなり思い切ってかなりペースを落とす.
落ちすぎてないか不安になったが2km目はキロ4:19.
まだまだ速い.

残りの距離を考え絶望しつつ,もっと落とせーと思いながら走り,結局残りはキロ4:30,4:27,4:33.
さすがに最後は落とすというか,落ちた.
とはいえ平均はキロ4:22で,圧倒的に自己ベスト更新!
いやー,出し切った.
満足して,荷が下りた.
あとはのんびり走ればいいだけと思うと清々しい気分.

走ったあとは暑いが夜中はそこそこ冷える.
汗をかいたTシャツは脱ぐことに.
結局毎回そうしたが,次走るときにTシャツを着ると微妙に濡れているし最後は臭くなるし気持ち悪かった.
途中で1回洗ったけどダメだった.

次の回からは2周以上で好きに走ろう,となったので,自分は5周することに.
距離は6.2kmなのでまったく大したことはない.
別に10kmくらい走ってもいいんだが,微妙に胸やけというか気持ち悪い.
なので無理はしないことに.
もうキロ5:30でいいやと思ったが,結局キロ5:19.

これを走る前に眠くなってきていて,走った直後はもちろん眠くないが,長く寝るために走り終わってすぐ寝てみる.
レンタルで寝袋を用意してある.
寝れないかなと思ったがすぐ寝てしまい,起きたらもう空が明るくてびっくり.
といっても1時間くらいしか寝てないと思う.

うすうす感じていたが,なんか喉が痛い.
起きたときがMAXで痛かったが,まぁ走ってる最中は気にならない.
逆に胸やけのほうは時間が経つにつれて消えていった.

そろそろ皆疲れていて1,2周で交代しているので,マラソン経験者として3周することに.
まぁそれでもたった3.7kmだけど.

今回靴はレンブー2とクラウドサーファーを持ってきていた.
基本レンブーなんだけど,ずっと履いてるとタイトに感じるかなと思って,移動用の靴も兼ねてOnも.
で,ちょっと足への衝撃も感じていたので次はクラウドサーファーにしてみる.
タグも付け替えないといけないので面倒だったけど交換.
結果キロ5:10で,遅くはないんだけど重く感じてしまい,またレンブーに戻した.

日があがるにつれてどんどん眠くなくなってきた.
次も3周で,なぜかキロ4:47と,かなり速くなった.
キロ5:20くらいで走ってるつもりでも,時計見るとかなり速い.
キロ10秒くらいのズレならレース効果でよくある話だけど,ここまでのズレは理解不能.

ちなみに記録狙ってるチームは12時間も24時間も,ものすごく速い.
多分1周交代なんだろうけど,惚れ惚れするような速さで駆け抜けていく.
皆走るの好きだなぁ…

個人の部の人達はゾンビ化して久しい.
24時間走の過酷さはちょっと想像出来ない.
ちらほら若い女性も走っているが…

そろそろ9時スタートの4時間の部の人達が増えてきて,競技場は一気ににぎやかな雰囲気に.
若くてかわいい女性もやたら多い.
ランってこんな華やかだったっけ?
フルマラソンとかと違って普段走ってない人もお祭り感覚で参加するからかもしれない.
今までのシーンとした競技場が懐かしい.
よく見たらすぐ近くに猫ひろしさん発見.
おぉ,これはすごい.

我がチームはもう皆1周で交代しているが,自分はあくまで3周.
4時間の部がスタートしたあとで走る.
やっぱり普通に走ってるつもりでもキロ4:50を切っている.
不思議だなー,と思っていたらすごい勢いで猫さんに抜かれた!
小さいのになんという力強さ.
結局3.7kmで2回抜かれた.
キロ4.49だったので,自分としてはまだまだ余裕.

そういえば無料のマッサージスペースがある.
靴を脱ぐのが面倒で1回も受けていなかったが,仲間の勧めで受けてみた.
結構かわいい女性マッサージ師もいたので念じ続けたが,自分の担当は純朴そうな青年だった.
まぁ,気分転換にはなるかな…

終わって9時45分くらい.
もう皆走る気がないらしく,最後走ってくれと言われ快諾する.
が,ルールでラスト10分は交代ができないらしい.
待ってるうちに9:50を過ぎてしまい,結局交代なしで終わってしまった.
自分も別に走り足りないということはないので全然良い.

自陣へ戻るとまた猫さんがいたので思い切って写真をお願いしてみた.
快く引き受けてくださり,素晴らしい記念になった.

自分としては5kmベストも出せたし猫さんと写真も撮れ,かなり満足.
というか満点の出来だった.
天気や気温が良かったのが大きいが,苦痛の12時間を過ごす想像もしていたので,ここまで楽しい時間をあっという間に過ごせるとは思ってなかった.

個人24時間のご冥福を祈りつつ,駅へ.
ラーメンでも食べてく?と11時になるのを待って適当な店に入ったが,まぁなんということのない立地だけのラーメン屋だった.
皆階段がつらいとか体にガタが来ているようだったが,自分はまったく平気.
まぁ夜通しということはさておき20kmちょいしか走ってないし,当然といえば当然か.


さてせっかく時間があるので,閉店セールのアートスポーツへ行くため渋谷へ.
12時半くらいに着いたら並んでいて(13時開店),ドトールで時間つぶすかと思ったが混んでいたので,もうそのまま並ぶことに.
どんどん人が増え,かなりの行列になっていた.

で,結局何も買わなかった.
Onもあってドキッとしたが,自分のサイズはなく.
それ以外の靴もとことんサイズがなかった.
補給食やキネシオテープくらい買っても良かったがまぁいいや,となって終了.

この時点で特別腹は減ってなかったが,確実に夜までは持たないしちゃんとうまいものを食いたい,そうだパスタが食いたいと思い,自由が丘のタベルナポルタへ.
こんな日は冷製パスタでしょ.
コーヒーとデザートも食べられて満足.

クリーニング受け取って帰宅.
昨日投げ出した家事をやり,靴も洗って,もろもろ片付けて16時半くらい.
なぜかあまり眠くないけど,ちょっと寝よう…と寝る.
途中でピンポン,また長男の友達だった.
今はいないのよと伝え,また寝ようと思ったがもう眠れず.
30分くらいは眠れたか?

このあたりからかなり強烈に喉が痛い.
疲れなのか熱なのか分からないけど,ちょっとだるい感じ.
まぁ一晩中汗かいては冷えってのを繰り返して睡眠不足も重なれば体調も悪くなるか.

とはいえ17時半頃3人帰ってきて,寝てもいられないので普通に過ごす.
長男は近所の同年代の子とたくさん遊べたようだ.

夜は普通に食べて食器を洗い,いつもなら日曜は流し台も洗うがもう無理.
眠いというより,何もしたくない.
歯磨きして次男とシャワー浴びて20時半には2人で寝た.
すぐに寝て,その後長男が来て布団かけてくれとかなんとかうるさかったが一蹴.
5時まで寝続けた.

朝にアイロンかけるつもりでシャツを出しておいたら妻が夜にかけてくれていた.
助かった.

広告を非表示にする