Garmin 935のデータ項目

月曜さらにものすごく暑い.
火曜朝も湿度100%な感じ.
朝ランは図書館に本返してその辺ウロウロ.
とにかく暑い.
やっぱり暑くなると寒いのが恋しくなる.


Garmin 935のトレーニングページについて.
普段のランで自分が必要な項目を挙げてみる.

  • ペース
  • 距離
  • 心拍
  • ピッチ
  • 時刻

基本的にはこんなもん.
加えてたまに見たいのは以下.

  • タイム(時間でLSDするとき)
  • 平均ペース(速く長く走りたいとき)
  • ラップ距離(ガチユル走やウィンドスプリント)
  • ラップペース(同上)

で,どういう構成で項目を表示させようか考えたが,とりあえずConnectIQで見つけた「Single Field」を使ってみることに.
これは1画面にペース、距離、心拍、ピッチ、時刻、タイム、バッテリーを表示することができる.
当然各表示は小さいが,気になるほどではない.
2ページ目に残りの平均ペース、ラップ距離、ラップペースを表示.
もう1項目表示できるので,被るけどペースを表示することにした.

ランニングダイナミクス用ページは今のところ2ページ用意.
1ページ目が左右バランス、上下動、上下動比.
2ページ目が設置時間、ピッチ、歩幅.
これは1ページ4項目表示できないので,とりあえずこうしている.
ポッド装着しなければ表示されない.

ラン以外のアクティビティはほとんどやらないけど,一応以下を用意している.

まぁ使う可能性があるのはトレイルランとバイクくらいか.
ナビは前に書いたとおりラン実行中にナビ発動したほうがいいし.

トレイルランの項目はこうしてみた.
面白そうなのいろいろ入れたのでちょっと多め.


時刻
昇降速度
ペース
心拍


距離
総上昇量
総下降量
勾配


衛星受信
気温
バッテリー
大気圧


地図


コンパス


高度

バイクは以下.
大きめ表示にするため,1ページ3項目で.


時刻
スピード
距離


勾配
スピード
心拍


平均速度
総上昇量
気温

ランも坂ダッシュや峠走,トラックなどを別アクティビティ化してもいいかと考えたけど,とりあえず保留.
トラックだとラップ数が分かるといいかもしれないけど,まぁ走る予定もないし.

広告を非表示にする