富山マラソン2017

例によって妻たちが右側にいるはずなので,右側を走る.
人が多くてペースがあげられないけど,もちろんOK.
大仏をちらっと見て拝んでおく.

どこだっけな~と思ってたらいた!
応援団.
もったいないので今年も100円レインコートを手渡す.
ちなみに今回はその下にさらにゴミ袋を被っていた.
しかし仕方ないとはいえ序盤すぎるゆえの大集団すぎて応援もあっという間.

すぐ前に金さんがいることを発見.
まだ3km来てない.
とりあえず握手してもらった.
徐々にそこそこのペースで走り始めてきた.

序盤のペースはキロ6:08,5:54,5:43,5:23て感じ.
前にも書いたとおり,まぁキロ5:30くらいでテキトーに押していければいいやと考えていた.
大体その通りで新湊大橋まではキロ5:20台でいけた.
まぁたまにきつかったり精神的に不安になることもあったが,概ね問題なかったと思う.

雨はやっぱり降り始めた.
でも暑くて汗がなんかすごい.
ごみ袋を少しずつ破りながら走って,結局脱ぎ捨てた.

折り返しで4時間のペースランナーを,3大会通じて初めて発見.
こんなに前にいるんだ!
そりゃいつも見つけられんわ.

高岡の町を出て庄川沿いへ.
夏に少し走っただけでちょっと安心感がある.
ていうか土手じゃなくて道路がコースだったのね…
記憶なんてテキトー.
去年に続きGOLDWINのでかいエイドがありがたい.

右へ曲がって橋を渡るところで,なんか楽しくなってきた.
雨の中応援してくれて幸せになってきたのかもしれない.
あとはちょうど体が動いてきたときだったか.
いまいち忘れたけど,ここは妙に楽しかったのを覚えている.

この辺でついに4時間ペーサーに追いつく.
遠くにチラチラ見かけるようになってから無理に追わず自然に追いついたが,いい目標になっていた.
集団につくことはせず,隙を見て追い越した.

庄川沿いからその後ずっと,「あざーす!」と大声で叫び,ときおり「まだまだこっからだ~!」とか叫ぶ愉快な人と一緒に走った.
とにかくペースが同じでつかず離れず.

新湊大橋の前の天むすエイド付近ではピコ太郎と並走.
「あれ誰だっけ?」と言われていたことに苦笑.

天むすは当然食べる.
食べてたらどかんどかんぶつかりながら「止まってんじゃねーよ!ばかか!」みたいに叫ぶ変な奴が出てきた.
何怒りまくってんだコイツ…
基本マラソン大会は正のオーラに満ちているのでこんな奴は珍しい.
しかもその割に遅い.

橋の前は有森さん!
元気を貰う.
橋はいつになく過酷だった.
ペースはキロ5:30くらいで登ってたみたい.
そこまで頑張ったつもりはなかったけど,長いなーきついなーと思いながら登っていて,しかも大分抜かした.
かなり雨も強く,橋の上は風も強くて寒かった.
灰色の空,どこまでも続く坂に心理的にもやられた.

下りはキロ5以下でタタタッと.
前腿にある程度負担がかかるのは仕方がない.

毎年下りてどっとつらくなるところだが,そこまででもない.
今回走りで気を付けたのは
・上半身はリラックス(結果腕振りは下の方になった)
・足先を前に出さないようにすぐ降ろす
・接地短く
・大転子,体の中心で走る
で,特に最初の2つはうまくいった気がする.
たまに忍者走りか?ってくらい腕をダランと下げていたが,しっくりきていた.
疲れてきたらケツをバン!と両手でたたいた.
効果はともかく,気合いは入った.

で新コース.
どっからが新か分からないけど.
折り返しで3時間15分ペーサーを見る.
意外と近い!?と思ったら折り返しが長かった.
人を見てると飽きはしないがこの辺は体力的につらかった気がする.
でも応援はとても多かった.

折り返し終わって,あぁ去年トイレ行ったセブンのとこだ!と.
そういや今回はトイレ,まったく行きたくないわけじゃないけど,何とかなりそうって感じだった.
実際行かずに済んだ.
まぁこんだけ雨降ってたら漏らしてもバレないじゃん,と思って,漏らすわけはないが心理面ではプラスになった.

この辺でコーラのエイド.
今年初,のはず.
ちょっと咳込んだけど,ありがたく頂いた.
そのあとがます寿司だったか?
それも頂く.
天むすとます寿司はマラソンエネルギーとかじゃなくて,味.

意外と1km1km進むのが早い.
20km台とか精神的には一番つらいところだけど,結構早く30km.
富山はどうも距離が長いというかGPS時計とのズレが大きくなりがちで,かなり序盤からずれ始め,この辺だともう300mくらいずれてたかも.
ただ時計と標識で頻繁に交互に合図してくれるので,すぐ次の合図が来るのは微妙にあっという間感があって良い.

この辺でもキロ5:20くらいでいけてるので結構抜かせる.
同じくらいのペースの人がいてわりと長く並走した.
あまりに隣にいるので話しかけようかと思ったけど,いつ失速するか不安でもあったのでまぁもくもくと走った.

この雨でさすがに馬はいなかった.
雨は強まったり弱まったり,まぁ大抵は強かった.
橋以外は寒くはなかったけど,靴がぐちょぐちょなのはもちろんつらい.
とはいえ,応援してる人のほうがよっぽど大変だったろうと思う.

応援はもうずっと延々とありがたいんだけど,結構「富山来てくれてありがとう」と言ってくれる人がいて感動.
自分の気持ちは「あざーす!」おじさんにほとんど代弁してもらったけど,書ききれないほど印象的な応援がたくさんあった.

ちょっと坂を下って都道府県の旗.
今年は大分場所が変わった.
これも毎年ありがたい.

39kmぐらいに,義妹旦那のガソリンスタンドと,ひいおばあちゃんの家があると朝に妻から聞いて,30km台はそれを楽しみに走り続けた.
まぁ何があるわけでもないんだけど,目印として.
ところが,ない!
見つける前に40kmになった.
結局1本道が違っていたようだが,精神的な支えになってくれたのでOK.

この辺でもちょっとした折り返し.
4時間ペーサーが意外と近くにいてびびった.
近くを自分の母くらいに見えるおばちゃんが走っていて,身長も150cmないと思うが,ほんと力強い.
一度ゆっくり酒でも飲みかわしたいくらいだ.
飲めないけど.
こういうスーパーな人がまだ前にまだまだいるとは思うが,とりあえず自分もここまでは来れたことは感慨深い.

富山北大橋はまったく大したことない坂だけど,ここで来ると結構きつい.
でも視界が開けて終わりに近づいてきた気がした.

で,いよいよ距離はカウントダウン.
赤十字の病院も見えてきた.
脹脛がピクピクしだして攣りそうで怖かったが,ちょっと勇気だしてペースアップ.
40kmからのペースはキロ5:35,5:31,5:15,最後195m,じゃなくて誤差があるので600mはキロ4:53だった.
ゴールは帽子をとって手を広げてゴール!
気持ちよかった.
去年はおじぎする余裕すらなかったが,今年はしっかりおじぎ.

いやー,最後まで潰れずに走れた!
何よりそれが嬉しい.
かといって変に余力を残したわけでもなく.
ラストスパートはともかく,38kmとかもキロ5:17で走っていて,なかなかやるな自分,と.
こういうの出来るじゃん!と思いながらのゴールだった.